皆様
日頃からSkyart JAPANをご愛顧頂き誠にありがとうございます。

🛩航空無線を聞く機会が多く、日頃から親しんでおります。

🛩 IFRで出発した航空機は、離陸許可を得て、離陸後に飛行場管制席から出域管制部門に管制移管されます。
また、到着の際には飛行中の航空機を計器進入開始点、もしくは場周経路まで誘導、監視を行う入域管制部門に通信移管をされます。

🛩出域管制部門の事をディパーチャーといい、離陸した航空機が指定したSIDやトランジションに従って飛行や上昇をしているか監視し、場合によってはレーダー誘導を行います。
略語でDEPと記載します。

🛩入域管制部門の事をアプローチといい、STARを飛行中の航空機が順序良く着陸できるように航空機同士の間隔を設定するため、レーダーを用いて速度調整や誘導を行い、進入順位を決めて航空機を並べていきます。
離陸後、四方八方に分かれる出発とは異なり、複数地点からくる航空機を要求された間隔で最終的には一つの地点に誘導させなければならないので即時の判断や誘導技術が問われるセクションでもあります。
略語でAPPと記載されます。

🛩ディパーチャーとアプローチではなく、まれにレーダーにコンタクトを要求されます。
この、レーダーとは何でしょうか。

🛩レーダーとは、前述のAPPにおける業務をレーダーの力を借りながら行うものです。
また、ディパーチャーとアプローチを統合したものでもあります。
定義上、アプローチとレーダーは区別されておりますが、レーダーと呼びだすべきものをアプローチとして運用している空港もあるそうです。

🛩混雑空港では、アプローチ管制官が数多くの機体を対応するのが困難なためにあえてレーダーを挟むことで混雑による煩雑化を防いでいることもあります。

🛩つまり、レーダーとはディパーチャーとアプローチの総称であり、定義上分けられてはおりますが業務はディパーチャーとアプローチの業務と同じことを行っております。

以上となります。
是非、当店のシミュレーターで体験してみてください。
様々なスイッチ類を見ることができますし、どんなものか聞くこともできます。

🛩シミュレーター詳しい説明について(URL)
https://skyart-japan.tokyo/b777-sim-spec/#i

👩✈️更に、プロ資格を持ったインストラクターがアシストいたしますので、飛行機を操縦してみたい方から、訓練希望の方まで、どなたでもシミュレーターを体験できます。

👩✈️ご料金ですが、体験コースと本格コースの2種類をご用意しております。
🛩体験コース金額について(URL)
https://skyart-japan.tokyo/product/entertainment_course/

🛩本格コース金額について(URL)
https://skyart-japan.tokyo/product/professional_course/

🛩当店グッズについて(URL)
https://skyart-japan.tokyo/all_products/

👩✈️いかがでしたか👩✈️
ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。
#フライトシミュレーター
#パイロットになりたい
#パイロットリードバック
#パイロット座学
#品川
#航空無線
#本格訓練
#操縦体験
#DEP,ARR,RDR違い
#skyartjapan
#フライトインストラクターブログ
==============================.
Instagram ï¼ skyartjapan
Facebook @skyartjapan
Twitter @SkyartJapan
==============================.
Flight Simulator Skyart JAPAN
www.skyart-japan.tokyo
Tel: 03-3440-6777 Fax: 03-3440-6737
Mail: info@skyart-japan.tokyo
6-7-29 Kitashinagawa Shinagawa-ku
Garden City Gotenyama Tokyo 141-0001
Open: 10:00 to 18:00