皆様
日頃からSkyart JAPANをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

🛩パイロットと管制官のやり取りは、英語で行われていることはかなり有名な話ですが、英語と航空英語は若干異なることをご存じでしょうか。

🛩代表例の1つとしてYes, Noは使わないように決められております。

これは、Yes, Noだと短い用語な上、何か無線が聞き取りづらいコンディションの際に判断が取りづらくなるためです。

そのため、YesはAffirm.
No はNegativeを使用します。

これにより、AかNだけしかを聞き取れなかったとしても、どちらなのか判断が付きやすくなります。

また、数字を読む際も、フォネティックコードと呼ばれる航空無線特有の読み方が決まっております。

殆どの数字は英語と同じ発音を行いますが、3と5と9は発音方法が独特です。
🛩3はトゥリー
🛩5はファイフ
🛩9はナイナー

と発音します。

その他、パイロットは管制官から指示を受けた際には、確認も込めて指示を復唱します。

その指示を受けた際に、RogerやWilcoといった用語だけで復唱するのは不適切であり、しっかりと用語をリードバックすべきであると喚起されております。

それ以外にも、4000ftまで上昇せよと指示が来た際にはClimb to 4000とリードバックを行うのではなくClimb 4000とリードバックを行います。

これはtoが2と勘違いさせてしまうことを防ぐためです。

蛇足ですが、14000ft以上の高度はFL140というようにフライトレベル000と通報を行います。
少しでも勘違い要素を防ぐためにも、決められた言い方が定められており、安全を守っています。

パイロットは、決められたとおりに管制を行う上で、はっきりとしたボイスや聞き取りやすい速度で話すなどの配慮を行えば、グレートパイロットへの一歩になるのではないかと強く思います。

以上となります。
是非、当店のシミュレーターで体験してみてください。
様々なスイッチ類を見ることができますし、どんなものか聞くこともできます。

🛩シミュレーター詳しい説明について(URL)
https://skyart-japan.tokyo/b777-sim-spec/#i

👩✈️更に、プロ資格を持ったインストラクターがアシストいたしますので、飛行機を操縦してみたい方から、訓練希望の方まで、どなたでもシミュレーターを体験できます。

👩✈️ご料金ですが、体験コースと本格コースの2種類をご用意しております。
🛩体験コース金額について(URL)
https://skyart-japan.tokyo/product/entertainment_course/

🛩本格コース金額について(URL)
https://skyart-japan.tokyo/product/professional_course/

🛩当店グッズについて(URL)
https://skyart-japan.tokyo/all_products/

👩✈️いかがでしたか👩✈️
ご不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。
#フライトシミュレーター
#パイロットになりたい
#パイロットリードバック
#パイロット座学
#品川
#航空無線
#本格訓練
#操縦体験
#航空グッズ
#skyartjapan
#フライトインストラクターブログ
==============================.
Instagram ï¼ skyartjapan
Facebook @skyartjapan
Twitter @SkyartJapan
==============================.
Flight Simulator Skyart JAPAN
www.skyart-japan.tokyo
Tel: 03-3440-6777 Fax: 03-3440-6737
Mail: info@skyart-japan.tokyo
6-7-29 Kitashinagawa Shinagawa-ku
Garden City Gotenyama Tokyo 141-0001
Open: 10:00 to 18:00